新宿血管外科・湘南メディカルの口コミと評判 下肢静脈瘤手術私の体験談

下肢静脈瘤の症状について

下肢静脈瘤はふくらはぎ部分に静脈が浮いてしまう病気です。

 

血液の流れが正常でないと、体には色々な症状が出てしまいますが、

 

下肢静脈瘤もとても深刻な症状となる為に、その病気を良く理解することが必要です。

 

どのような原因でおこるのか、特徴についてご紹介します。

 

下肢静脈瘤の原因はなにか?

 

足の静脈の中は、立ったままの姿勢でも血液は体の上に流れるようになっています。重力に逆らって流れる事が特徴です。これは静脈弁という部分により血液が上に向かって流れる仕組みになっています。健康な人の場合は問題はありませんが、毎日同じ姿勢で立っている人や、妊婦さん、そして出産などにより足に負担がかかってしまうと静脈便が壊れてしまうのです。すると静脈の中の血液は正常に流れなくなり、逆流をしてしまいます。静脈の下の部分にはさらに負担がかかる為に、静脈は無理に太くなり静脈瘤ができる原因となります。ふくらはぎ部分をうねったような線の血管が浮き出ている人がいます。静脈が逆流して壊れてしまう弁は、大伏在静脈呼ばれる部分で、内側のくるぶしから、ふくらはぎの内側そして太ももの内側からあしの付け根と流れる所です。そしてと小伏在静脈と呼ばれる部分は、かかとからふくらはぎの中央そして、膝裏に流れます。この部位も静脈弁に負担がかかりやすいところです。皮膚のすぐ下にある場合には肌に浮き上がるようにして見える場合もありますが、奥にある時には表面的に気がつかない場合もあります。

 

下肢静脈瘤の症状と改善方法

 

症状にはふくらはぎのむくみや、静脈が張って痛みがあること、そして足がつってしまう場合やだるさ、肌に湿疹が出来る事などがあります。静脈のうっけつがひどくなると、肌に痒みを生じ、色素沈着を起こして皮膚の黒ずみとなる場合もあります。静脈はクモ状に広がるものや、網目状に広がるなどがあります。下肢静脈瘤の治療は硬化療法と呼ばれる方法があります。血栓の量を減らす治療方法です。静脈が炎症を起こして痛みがある場合は、冷水で患部をひやすと一時的に症状を緩和させる事が出来ます。しかし症状が悪化する前に、必ず医療機関で診察をしてもらいましょう。検査はドップラー検査という方法があります。立った姿勢でドップラーと呼ばれる機械をあてて、逆流をしているかどうか調べる方法です。逆流をしているときには、音がなるためにすぐに判断することが出来ます。CTを使って調べる方法等もありますので、そのときの進行具合や症状によっても異なります。